大阪 守口市/旭区 腰痛・坐骨神経痛

〒570-0081大阪府守口市日吉町1-3-13 旭通商店街内

お問い合わせ・ご予約は 06-6992-881806-6992-8818
タップで電話がかかります

メールでのお問い合わせはこちら

症例

難聴 突発性難聴 ヘッドホン難聴 腰痛

​自覚はなかったものの5日前の学校での検診にて、左耳の難聴を指摘された。高音が聞こえにくいとのこと。

耳鼻科に行き、突発性難聴と言われ治療にきた。

 

よくよく話を聞いていくと、ヘッドホンを長時間左耳だけで、大音量で聴いてたとのこと。

ヘッドホン難聴ではないかと考えた。

こういう時のためにスマホに耳年齢というアプリを入れていたので、それで確認しながら治療を進めることにした。
健常の右耳では、15歳ほどと判定されほぼ年齢通り、左耳は19歳とやはり聞こえが悪い。

腰痛があることは通院していた母親から聞いていたので確認すると痛むとのこと。

動診をすると立位で前後屈、左回旋、にて痛む。座位では、後屈が少し痛むくらい。
動診より、ツボを探していくと、右小趾の裏に激痛の圧痛点がありハペバッチを貼ると前屈が痛くなくなる。
次に左足の商丘、内庭付近に激痛の圧痛があり、円皮鍼を貼ると、かなりマシとの事。

鼠径部にも強圧痛があったので円皮鍼を貼ると後屈はほぼ痛くなくなる。

左回旋はマシなもののまだ残っている。丘墟に今までで一番の激痛の圧痛があり。

確認すると昨年何度か捻挫をしたとの事。
傷は治ったが痛みが治ってないようで、そこに円皮鍼を貼ると、腰は全然痛くなくなった。

若いこともあるのだろうが、改善するたびに終始驚いてい様子。
これで耳の方も安心して施術を受けられるかな(最初怖がっていたため)と思い、
左耳なので左F3を刺絡した。

そして先ほどのアプリで確認すると、16歳ほどになっている。

次にアレルギーで起こってないか確認のためH5をするが変化はなかった。
やはりヘッドホン難聴が疑われたので、もう一度F3から血を出し、確認すると15.6歳まで改善した。

これで様子をみてもらうことにし、ヘッドホンはくれぐれも使わないように指導して終了した。

関連症例一覧

関連する患者さまの声

症例一覧

まずはお気軽にご相談ください!

06-6992-8818

06-6992-8818
タップで電話がかかります

「ホームページを見た」とお伝えください。

テキストのコピーはできません。