大阪 守口市/旭区 腰痛・坐骨神経痛

〒570-0081大阪府守口市日吉町1丁目3-13 旭通商店街内

お問い合わせ・ご予約は 06-6992-881806-6992-8818
タップで電話がかかります

メールでのお問い合わせはこちら

症例

妊婦 右手のはり感 首・肩こり

妊娠33週の妊婦さん。

不妊でも通われていた方ですが、
今回は1週間前からきつい首肩のこりと右手の合谷付近のハリ感・だるさで来院。

 

2週間前に仕事で紙やすりをかけることがあったらしく、
その後1週間ほどして右手の症状を感じてきた。

 

本人はそれが原因だとは思っていなかったようだが、
問診を進めていくとどうやらその可能性が高そうだ。

 

手を握るとだるさとハリ感、むくみ感が増す。
それを指標にした。

 

まずは、合谷付近に一番症状を感じているので、陽明経上で肘周辺の強圧痛部に円皮鍼を貼る。
それぞれ貼るたびに変化をみる。

 

次に少陽経上にも強圧痛があったのでそこにも貼り変化を見る。
合計3ヶ所貼り、軽く握れるようになる。

 

次に、使い痛みで起こっているのはわかっているが、念の為H5を刺絡する。
変化なし。

 

メインのH6を刺絡するとだいぶ楽に。最初からすると10→5ほどに減った。

そうするともう少し小指よりのところに感じるとのことで、H2を刺絡。
更に楽になり5→4に。

 

まだ残っているのでH6’に刺絡。更に楽になる。

 

H6・H6'をもう一度刺絡すると残り2となった。
だるさ・ハリ感・むくみ感も減り、実際合谷付近の緊張もなくなり驚かれていた。

 

首肩コリは左側で、動診をすると首の前屈と両側屈時に感じる。
左F4をしらくすると前屈は楽に。

 

次に百会に刺絡すると、首の回転がスムーズになる。

 

側屈に対して両F5に刺絡で左側屈はなくなり、右は少し残っている。
左側頭部の胆経上を刺絡すると右側屈もなくなる。

 

治療は以上で終了し、様子を見てもらうようにした。

 

毎回そうだが、改善するたびに不思議だと言われ、驚かれ、喜んで帰られる。

今回症状が出た時、病院に行こうかマッサージや整体も考えたようだが、
妊婦であるため鍼にこられたそう。

 

鍼灸は妊婦さんのさまざまな不調に、本当に相性がいいと思う。

ご存じない方が多いが、ぜひ元気な赤ちゃんを出産するためにも
鍼灸で妊娠中の不調を整えることをおすすめしたい。

関連症例一覧

関連する患者さまの声

症例一覧

まずはお気軽にご相談ください!

06-6992-8818

06-6992-8818
タップで電話がかかります

「ホームページを見た」とお伝えください。

テキストのコピーはできません。