大阪 守口市/旭区 鍼灸施術 肩こり・腰痛

〒570-0081大阪府守口市日吉町1-3-13 旭通商店街内

お問い合わせ・ご予約は 06-6992-881806-6992-8818
タップで電話がかかります

メールでのお問い合わせはこちら

症例

肩痛 上腕痛

約3週間前から右肩甲間部、右上腕が徐々に痛むようになる。
朝は痛まないが、昼頃より痛みが出てくる。

思い当たる原因は、いつもはしないスプレーガンを毎日長時間使っていたからかとのこと。
通常はPCを使ったり、その他細かい作業をしていることが多いとのこと。

まずは患部の痛む部位を探り、丁寧に押さえながら調べるもこれといった圧痛はなし。
スプレーガンを使ったからとのことなので、指先から肘まで丁寧に調べるとH6の経絡上に圧痛が多数あり、H1上にも少しあり。

これといって動かしても痛みが増すようなことはないと言われていたが、動診をしてみる。
首は前屈、前斜屈、後屈でつっぱり感があり、肩は屈曲、伸展、水平伸展、水平屈曲で痛みあり。

首の圧痛を調べると、胸鎖乳突筋と斜角筋に強圧痛あり。

治療としては、まず胸鎖乳突筋と斜角筋の強圧痛部に円皮鍼をはる⇒痛む部位が肩甲間部から肩の上部に移る。
H6、H1の経絡上の強圧痛部にも円皮鍼を貼る⇒それほど変化はなし。

動診に従って、H1、H2、H3、H4、H5、H6に刺絡⇒肩の痛み、首の動きによるつっぱり、かなり軽減。
右斜屈にも痛みがあったので左H4を刺絡⇒楽になる。

首の前後の動きに対して百会に刺絡⇒動きやすくなる。

筋肉をほぐすのに電気を当てて初回は終了。

2回目(3日後)
だいぶ楽になっている。
胸鎖乳突筋の圧痛はなくなっている。
H6、H1の圧痛部もかなり少なくなって手三里のみ。
斜角筋の圧痛部と手三里に円皮鍼を貼る。

PCを使った作業をしていると徐々に痛みが出てくるとのこと。
前回と右は同様の治療をし左H4はせず。百会は前後左右も追加する。
しかしもう少しすっきりしないとのこと。

PCの作業で手を使うこと以外に目も疲れているかを確認するとつかれているとのこと。
玉枕に刺絡⇒見え方も明るく見やすくなり、肩の方も楽になる。

眼のためにF2、F6を刺絡⇒楽になる。
電気をかけて終了。

3回目(4日後)
かなり楽にはなっている。
上腕が気になる。

動診をからH1、H6、H3、H4を刺絡⇒腕楽になる。
百会前後に刺絡⇒首らくになるがまだ残っている感じ。

玉枕を刺絡⇒不変。目の疲れからは無いよう。

斜角筋の圧痛部に円皮鍼を貼る⇒これで全然なくなる。
電気をかけて終了。

斜角筋部の圧痛に対しては円皮鍼を渡し自身で張り替えるよう指示し、何か悪くなることがあれば来るように伝え終了。

 

関連症例一覧

関連する患者さまの声

症例一覧

まずはお気軽にご相談ください!

06-6992-8818

06-6992-8818
タップで電話がかかります

「ホームページを見た」とお伝えください。