大阪 守口市/旭区 鍼灸施術 肩こり・腰痛

〒570-0081大阪府守口市日吉町1-3-13 旭通商店街内

お問い合わせ・ご予約は 06-6992-881806-6992-8818
タップで電話がかかります

メールでのお問い合わせはこちら

症例

右腰背部痛

40歳 男性

5日前、仕事中20kgほどの物を持ち上げ移動させている時にひねって右の腰背部を痛める。
昨夜は痛みでまっすぐ寝ることができなかった。
休めないため市販のロキソニンを飲んで仕事に行っている。
そのため来院時は少し治まっている。

既往歴は、20年ほど前に虫垂炎の手術。昨年に右膝裂離骨折、後十字靭帯損傷。

痛む部位を丁寧に探っていっても痛みが再現されるような圧痛はなし。

動診をすると、前屈・後屈・回転・右側屈で辛い。特に後屈ができない。
座位で行うと前屈・後屈・回転・左側屈で痛みがある。

後屈が痛むので鼠径部の圧痛を調べると右側には数カ所あり。
膝の圧痛を調べると2ヶ所あり。

いろいろと原因が疑われるので、まずは膝の圧痛点に円皮鍼を貼り、確認していただくと変化なし。
次に足先を診ていく。
動診から右F6・右F1・右F4・左右F5の経絡上の圧痛を調べていくと指の付け根や甲、足首に激痛の圧痛点があり、円皮鍼をそれぞれ貼るたびに動きを確認していただくとそれぞれが少し楽に。
特に前屈が楽になる。

各経絡が関係しているので刺絡をするため仰向けで寝ていただこうとすると痛みで寝られない。
起きていただいて刺絡をすることに。
その起き上がり時はなんの抵抗もなく起きることができていた。

各井穴に刺絡をしそれぞれで動きを確認するとさらに楽になっているものの、後屈と左回転はまだ痛みが残っている。
次に鼠径部の圧痛部に円皮鍼を貼る。少し後屈楽になる。

しかし依然まだ後屈はすっきりしない。仰向けで寝ていただくも寝れるがどこかに力が入っている状態。
次に立って頂き、虫垂炎の傷跡周辺を丁寧に指と細い棒で圧痛を調べると5ヶ所ほど痛むところがあり円皮鍼を貼る。
これで後屈が楽になり、仰向けで寝れるようになる。

座位でも左回転が痛むので、帯脈付近を探ると右に激痛の圧痛点が2ヶ所あり。
そこに円皮鍼を貼り確認していただくと楽になっている。

手を胸の高さまで上げながら腰をひねると痛みがあり、手を下ろしてひねると痛くないとのこと。
手も仕事で負担がかかっているので、右手の甲の圧痛部を調べ、円皮鍼を貼る。手を上げてひねっても痛みなし。

左の帯脈には圧痛がなくシーソー法で5回ほど即刺即抜を繰り返し確認していただくと回転での痛みがなくなる。

最後に寝れないのはまずいので仰向けを確認していただくと楽に寝れるようになっている。
腰背部の筋肉も疲労はしているだろうと電気をあてようとすると、うつ伏せも問題なく寝れるようになる。

電気を当て治療は終了。
原因が足先、古傷、疲労と様々あり、注意事項を伝え、次回様子を見て早めに来るように伝え終了。

 

関連症例一覧

関連する患者さまの声

症例一覧

まずはお気軽にご相談ください!

06-6992-8818

06-6992-8818
タップで電話がかかります

「ホームページを見た」とお伝えください。