大阪 守口市/旭区 鍼灸施術 肩こり・腰痛

〒570-0081大阪府守口市日吉町1-3-13 旭通商店街内

お問い合わせ・ご予約は 06-6992-881806-6992-8818
タップで電話がかかります

メールでのお問い合わせはこちら

症例

偏頭痛 肩こり 眼精疲労

いつも冬から春に季節が変わる頃、朝日を見てしまうと、その後偏頭痛を起こしてしまうとのこと。
昨日もそれが起こった。

以前から眼精疲労、耳鳴り、耳がつまった感じなどがあった方で、今はそれほど感じていない。
いつも治療をするとスッキリ良くなって買えられる方です。

体質的に副交感神経が亢進しやすい方です。

深呼吸をするとおなかの上の方までしか入らない感じがあり、H3を井穴刺絡すると、下腹部まで入るようになる。
腹診では消化器系の反応がでていたので、左F1・F6を刺絡すると、おなかの反応がなくなる。

耳の治療にF3・H5・F5を井穴刺絡をする。深呼吸もさらにスッキリ入るようになる。
いつも眼精疲労があるため、目窓・こめかみ・玉枕・側頭部胆経上の強圧痛部の頭部刺絡をすると、特に疲れていると感じていなかったが、眼がスッキリ、壁の文字もよく見えるようになる。肩こりもだいぶ楽になる。

最後に百会と前後左右に頭部刺絡をすると、完全に肩こりがとれ、首もスムーズに動くようになる。

寒暖差や気候の変動に注意しながら、自律神経を整えるように運動を指導して終了した。

関連症例一覧

関連する患者さまの声

症例一覧

まずはお気軽にご相談ください!

06-6992-8818

06-6992-8818
タップで電話がかかります

「ホームページを見た」とお伝えください。