大阪 守口市/旭区 鍼灸施術 肩こり・腰痛

〒570-0081大阪府守口市日吉町1-3-13 旭通商店街内

お問い合わせ・ご予約は 06-6992-881806-6992-8818
タップで電話がかかります

メールでのお問い合わせはこちら

症例

つわり 妊娠悪阻

妊娠前からずっと治療をしている方なので、妊娠悪阻が辛いので治療して欲しいと連絡があり、あいにく予約がいっぱいで翌日に予約をおとりした。
いらっしゃるまでの間に、出来ることをお伝えした。

初めての妊娠で、いらっしゃったときは妊娠8週目。

先週より悪心・嘔吐・食欲不振・全身倦怠感・胸焼け・下痢・胃圧迫感などの妊娠悪阻の症状が出始めた。
動くのもしんどくずっと寝ているような状態だった。体重も2kg減っていた。

近位の産婦人科に右の卵巣が腫れているとのことで、大きい病院に行くように言われていたが、辛くて受診することができなかった。

待合でもしんどく横になって待っている状態で、妊娠悪阻指数では重症であった。
また、昼は1人ということもあり、精神的にもかなり参っている状態であった。

腹診をすると、胃に痛みや不快感があり、深呼吸も深く吸うことができない。
もともと副交感神経が亢進しやすい体質の方である。

まずは足がかなり冷えていたので熱めに足湯をする。
呼吸が入らないのでH3に刺絡をする。息がしやすくなる。
副交感神経の異常興奮にH5・F5を刺絡する。少しましなよう。

時間をおいてもう一度H5・F5を刺絡する。さらにましになる。
胃の圧痛部に円皮鍼を3ヶ所貼る。

H5・F5にピソマを貼って、状態をしっかり説明し、家庭で出来ることをお伝えし、今回はこれで終了とした。

・2回目(3日後)
状態はまだきつく何度も嘔吐している。特に朝は辛い。
前回からスイカは少し食べられたとのこと。

前回同様呼吸にH3。
胃の反応に左F1・F6を刺絡。胃の反応あまり変化なし。

卵巣の腫れに右F1・F2・F3を刺絡。している間に胃の気持ち悪さが強くなる。
H5・F5を2回刺絡する。気持ち悪さはましになり落ち着く。

胃の圧痛部はなく、胃の裏の圧痛部に円皮鍼を6ヶ所貼る。

今回は以上で、終了した。

・3回目(3日後)
前回治療後より、食欲もわき気持ち悪さもかなり軽減し、嘔吐することがなくなった。
体重ももとに戻り、たくさん食べれるようになった。

顔の艶や表情もかなり改善されている。胃の圧痛部もなし。下腹部に圧痛がある。
妊娠悪阻指数では軽症まで改善されている。

前回同様の治療をし、下腹部の圧痛に更に左のF1・F2・F3の刺絡を追加した。

次回は1週間後に来院の予定。
今回から頑張って自分でも刺絡をするように、詳しくやり方をお伝えして頑張ってもらうことにした。

関連症例一覧

関連する患者さまの声

  • 関連する項目はありません。

症例一覧

まずはお気軽にご相談ください!

06-6992-8818

06-6992-8818
タップで電話がかかります

「ホームページを見た」とお伝えください。